サラリーマンの副業日記 FXで稼ごう!

40代の不動産仲介会社勤務のサラリーマンが副業としてFX、ネットビジネスを始めた時の失敗談、成功談そして日々のトレードをつづり、独立成功を目指す過程を赤裸々に告白します!

40代の不動産仲介業社勤務のサラリーマンが独立起業を目指し副業の失敗談や日々のFXトレード記録を綴ります。 また有名トレーダーの方々の相場の考え方などもまとめてお伝えしたいと思ってます。 皆様も一緒に副収入を稼ぎましょう!!

ポンド暴落‼️

カーニーさんの発言でポンド暴落!
お休み中でしたが急遽参戦。
臨時ボーナスゲット‼️

回想編‼️

K君との会話の後
ぼくは、いつからFXに興味をもったのか振り返ってみた。ここで一番始めのブログで自己紹介は後ほどと書いたがここで回想により、自己紹介も兼ねたい。

ちょうど世は、バブル絶頂期、マハラジャやロカビリーのケントスが盛り上がり、不動産バブルに株価は最高値を更新
日本企業が美術品を買いあさり、ニューヨークのロックフェラーも手に入れる時代にぼくは、地方の国立大学の経済学部の学生でした。
今は、全く役に立たないマルクス経済学を学び、日本の終身雇用、持ち株会社制度が世界にもてはやされ、日本の赤字国債が0になったころだった。
ゼミはなぜかミクロ経済学だが卒業論文は日本の投資理論と破茶滅茶で内容も全く記憶にない。
モトクロスバイクに夢中になり休みはツーリングと冬はみんなでスキー合宿。ちょうどわたしをスキーに連れていっての映画や荻野目ちゃんの歌がはやっていた。

銀行に就職すれば30歳になれば1000万円以上貰えるという時代に。なぜか県警の試験を受け一次試験に合格した。当時オートバイが好きだったこともあり白バイに安易に憧れていたのかもしれない。
ただ、周りの受験者がぼくよりもひと回りも2回りも身体がでかかったのが気になっていた。
世は、バブル絶頂期であり当時は公務員のなりてが少なかったことからわたしの下宿に是非警察官になってくれと何度も警察官の方が来られた。当時は企業が内定者を研修旅行という名目で囲い込んだ

この就職するのに好機だったにもかかわらずわたしは、警官の試験と後に勤めることとなるブラック企業の大手ハウスメーカーしか受けなかったのである。
何て浅はかで愚か者なのでしょう。

しかも警官の面接試験は、ちょうど夏休みに北海道一周のオートバイでツーリング。バイクは懐かしのサルペケ 単気筒エンジンのSRX
この時、嵐に遭遇のた面接試験を断念
先ほど書いた周りのやつの身体がやけにでかいのが気になっていたのかもしれません。軽い気持ちでハウスメーカーでいいかなとおもってました。
ボーナスはなんと脅威の春、夏、秋、冬の10.55カ月 ここでそんな甘い話しに乗ったぼくが愚かだった。
面接は、酒はどのくらい飲めるかとか、徹夜は何日できるかてかアホな質問ばかり、こちらも酒はいくらでも飲めます。徹夜は3日は出来ますとアホな回答。
もともと地方国立大学なのでその地方では、試験も上位の成績だったとか。
しかし、普通ブラック企業と気づくだろうと、大学時代のぼくは、思考停止状態にあり猿に近かったと思う。

ともあれこのハウスメーカーに10年以上お世話になることになった。

勤務地は九州の福岡。
初出勤の日に借り上げ社宅に連れてってもらった。
なんと昼間なのに先輩2人が寝ている。
さぼっている。 
途中で先輩が目を覚ました。
するとおもむろにエレキギターを弾きだした。ヘビーメタルだ。
ぼくも大好き。ラウドネスに44マグナム
先輩と一気に意気投合した。
しかも先輩は2年目なのにポルシェにのってる。お客様のところに訪問するにもポルシェだった。しかしポルシェは乗りごこちが悪い。
それから入社してから何年間は、朝出勤し、すぐ外出し、若手社員みんなで会社近くの喫茶店でモーニングを食べ、昼寝しに借り上げ社宅に帰り夕方会社にもどり、夜10時頃まではたらいた。
当然、営業成績は、上がらず。上長にパワハラを受けた。そのパワハラがきつすぎてまたモーニングからの昼寝、成績が上がらずパワハラを受けるのデフレスパイラルを繰り返した。
先輩のなかにはパワハラの影響で出社拒否になったものもいた。

そうこう営業活動を続けているうちに
アパートを建てていただいたオーナーにオーナーの甥っ子を紹介してもらった。
後にアパートをとりあえず契約〈契約金を入れていただいてまさしくとりあえず契約してもらう。キャンセルはいつでもできますよ。〉してもらうがやはり後にキャンセルになるのだが
この甥っ子が時代はITバブル時代に株が大儲けし、後にバブル崩壊にあいひどい目にあっていたのに遭遇したのが直接ではないにしろ株取引というものに出会った最初かもしれません。

・・・・怒濤の転勤、転職編に続く!









休むも相場‼︎

この英EU離脱派勝利の相場は利益が最大になったときからは縮小したものの今年一番の利益となった。
今日は6月30日
 で上半期が終わりますが今年は、申年
騒がしい年といいますが激動の半年でした。
改めて思うのは、
損切りを確実にし、資産を大きく減らさないこと。ボラタイルな相場には小さく挑み、優しい相場で利益を得る。これにつきるのかな?

いづれにしても自分的には一仕事終えて休息には入りたいとおもってます。
 
そこでやれやれと会社でゆっくりしてますと

「夜7時なのに福岡は明るいですね」と東京出身の新入社員K君が私に話しかけてきた。
まだ働いているの!たいへんだね
早く帰って遊びに行ったらと声をかけた。
もう6月も終わろういうのに今までK君とほとんど話していないことに気付いた。

休みの日は何してるの?合コンやナンパしに行ってないのとの問いに

K君はぼく合コンとか興味ないんです。
奨学金を借りてるので早くお金を貯めて返したいです。
なんと真面目な青年なんだといまどきの子はみんなこんな感じなのだろうか?と思った。

でも貯金してもこのマイナス金利時代にお金はなかなか増えないでしょう
と余計なことを言ってしまった。

じゃあ どうしたら良いのですか?とまだ
あどけなさの残った顔で熱心にたずねてきた。
パチンコかボートでふやしたら?とわたしは無責任に答えた。

ギャンブルは嫌です。
もっともな答えがかえってきて、その後、投資がしたいですとK君

投資って?
たとえば株とかやりたいです。
いいかもしれないね。ただしかなりの勉強が必要だよ。勉強した上に実践し、何度か相場の荒波にのまれ資産をへらし。涙を流し、それでも負けずに勉強し、何度もトライしていく強い精神力が必要だよと
いかにも相場を制し成功した口調でかたった。

そのあとユーグレナやガンホーってしってる?
しってます!
株価は何十倍にもなってるよ
いまからK君も勉強したら10年後には
何億というお金を手にしてるかもしれないね!
その後、株とは?投資信託とは?先物とは?FXとは?ビットコインとは?をつたない説明をした。

わたしのトークが良かったのかK君はすっかり億万長者の夢をみて

ぼくは株をやります!
口座を早速つくります。興奮した口調だった。

俺から勧められたとほかの社員には言わないでね。と口止めし、K君より先に退社した。

わたしは、若者にいいことを教えたなと満足気に帰宅した。

ここでふといつから俺は相場の世界に入ったのだろうと回想した。〈長くなったので次回回想編に続く。〉





FXトレードフィナンシャル 口座開設
Amazonライブリンク
専業トレーダーを目指す不動産仲介マンです。 日々のトレードをつぶやきます。